採用情報プライバシーポリシーEnglish
サイト内検索
文字サイズ
NPW技研
HOME会社情報製品情報関連会社へのリンク交通アクセスお問い合わせ部品のご注文
ホーム > 会社情報

会社情報

会社概要

 我がNPW技研は、人々の生活において広く利用されているスチール缶を製造販売する製缶会社の技術部門が独立し、機械メーカーへと姿を変えた会社です。
 飲料缶や缶詰缶、18L缶などに代表されるスチール缶は、生産設備の中でもいち早くオートメーション化がなされ、全数自動リーク検査が実施された製品です。また大量消費材であるが故に高速、高精度、安定した高品質を義務付けられた製品でもあります。
 その中で培ったワイヤーシーム溶接技術、薄板高速板金技術、高速自動装置技術、精密リーク検査技術、その他製缶分野で養った技術を、広く産業装置に役立てていただきたく、あらゆるニーズにお応えできるよう技術開発を継続いたします。

会社名 株式会社NPW技研
代表取締役 山本健士
設立年月日 1982年11月18日
資本金 22,000千円
事業内容 製缶用機械・各種産業機械の設計・製作及び付帯関連な事業
所在地 三重県伊勢市佐八町894
従業員数 19名

NPW技研会社



中国汕頭工場


会社の特徴

製缶用設備を主に設計製作しています

製缶会社出身の技術者集団ですので、設備から品質管理、工場設計までお引き受け致します。
飲料缶から18L・ペール缶までの製缶会社とお取り引きしています。

ワイヤーシーム溶接機の国内唯一メーカーです

製缶用ワイヤーシーム溶接機は米国、欧州でも特許取得済みで、世界に誇れる技術に裏付けされています。
近年では製缶用に限らず、自動車、家電製品への応用が期待されています。

金属の薄板2次加工に応用できる技術があります

製缶業のみならず、薄板(0.5mmまで)の切断、成形、溶接、品質管理等、
お客様のニーズにあった機械のご提案を致します。

機械と機械の間の機械を作ります

省人化、品質安定化に役立つ機能をもたせた機械をご提案します。
製缶設備で蓄積された技術がお役に立っています。

検査機器、品質管理機器も製作しています

インラインでの全数無人検査が常識になってきました。
画像処理や各種センサーを組み合わせた自動検査機をご提案します。



会社沿革

1982年 11月18日会社設立、資本金200万円
1984年 溶接製缶機類の製造販売開始
1985年 12月工場完成、資本金2200万円 組み立てロボット類の製造を開始
1986年 中国軽工業局に低速型溶接製缶機の生産技術を提供 各種自動検査ロボット類の製造を開始
1989・92年 ワイヤーシーム基本溶接法 EU特許取得
1988・89年 ワイヤーシーム基本溶接法 米国特許取得
1989年 中国との技術提携を発展的に拡大契約 5月新組立工場完成
1992年 中国軽工業局に中速型・高速型溶接製缶機の生産技術を提供
1993年 工業缶用の溶接機、製缶機の製造を行う合弁会社を中国汕頭市に設立
1998年 各種容器用負圧式エアリークテスターを開発・販売開始
2000年 中国にて負圧式のリークテスターを製造・販売開始
2001年 中国製缶機械メーカーに中速新型ワイヤーシーム溶接機の生産技術を提供
2002年 中国製缶機械メーカーに工業用大型缶用ワイヤーシーム溶接機の生産技術を提供
2004年 100%出資の子会社『耐普威制罐机機有限公司』を中国汕頭市に設立
2006年 ISO9001取得 日本中小企業ものづくり300社表彰